週間番組表

MENU CLOSE
検索

【傍聴記録 前編】「絶対に許しません。死刑にならなかったら家に来い」遺族の怒り 女子大学生嘱託殺人 小野勇被告の初公判

事件・事故 社会 友だち追加

■事件から約11か月…ついに開かれた初公判

:送検される小野勇被告(2022年)

:送検される小野勇被告(2022年)

 2022年10月、札幌市東区の自宅アパートで、小樽市の当時22歳の女子大学生の依頼を受け、首を両腕で絞めて殺害し、遺体の左わきの部分を刃物で切りつけたとして、嘱託殺人と死体損壊などの罪に問われている無職・小野勇被告(54)

法廷に現れた小野勇被告

法廷に現れた小野勇被告

 事件から約11か月が経った8月31日、札幌地方裁判所で初公判が開かれました。

 ▼井下田英樹裁判長:名前は何と言いますか?
 小野被告:小野勇です

 ▼井下田裁判長:職業は?
 小野被告:無職です

 裁判長に名前などを聞かれ答えた小野被告。検察が起訴内容を読み上げ、井下田裁判長が小野に問いかけます。

 ▼井下田裁判長:起訴事実に間違っていることはありますか?
 小野被告:いえ、ありません

 小野被告は起訴内容を認めました。

■検察側の主張「自殺を手伝ったことがあるかのように嘘を言った」

検察側

検察側

 検察側は事件に至る経緯を説明しました。

 ▼検察側:ツイッターのプロフィール欄に”重度のうつ病と診断”や”心優しき死神でありたいと記載されていた。2022年9月上旬ごろ、被害者の「殺して」などというツイートを発見し、「いいね」を送信したことがきっかけで、DMでやり取りを開始した。被害者に自殺を手伝ったことがあるかのような嘘を言って「遺体の処理に5万円ぐらいかかる」や「眠っているときに首を絞めたり、刃物で刺すなどの殺害方法がある」と説明した。

 こうして、SNS上でメッセージを送り合った小野被告と女子大学生。

 2人が初めて会ったのは2022年9月27日。JR札幌駅近くのカラオケ店に行き、小野被告は殺害されること本当に望んでいるか女子大学生に確認したと言います。

 ▼検察:薬を使い、意識がないうちに首の後ろをナイフで刺して殺害することを約束して、2022年10月3日に実行に同意を得て、遺体を自宅アパート浴室で解体し、土に埋めて遺棄することを計画し、被害者に伝えたが、必要な道具を準備していなかった。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル