北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「死刑にならなかったら、家に来いと言いたい。娘の仏壇の前で両手を…」遺族の苦しい胸の内 女子大学生"嘱託殺人" 初公判 

事件・事故 社会 友だち追加

 2022年10月、札幌市東区のアパートで、女子大学生の依頼を受けて殺害した罪などに問われている男。

 8月31日、札幌地裁で開かれた初公判で、遺族の苦しい胸の内が明かされました。

 検察庁へと向かうため車に乗り込む男。嘱託殺人と死体損壊などの罪に問われている札幌市東区の無職、小野勇被告です。

小野勇被告

 あれから、約11か月。8月31日、札幌地裁で注目の初公判が開かれました。

 開廷したのは午前10時。小野被告は黒いTシャツにジーンズ、眼鏡を掛けて法廷に姿を現しました。

 入廷する際、小野被告はうつむいていました。

 起訴状などによりますと、小野被告は2022年10月、札幌市東区の自宅アパートで小樽市に住む当時22歳の女子大学生の依頼を受けて、首を両腕で絞めて窒息死させました。

 さらに浴室で遺体の左脇の部分を刃物で切り裂いた罪などに問われています。

小野勇被告

 そして8月31日の初公判、冒頭、罪状認否の場面で井下田裁判長がこう尋ねました。

 「起訴事実について間違っていることはありますか?」(井下田 英樹 裁判長)

 「いえ、ありません」(小野被告)

 小野被告は起訴内容を認めました。

法廷内の被告の様子

 その後行われた被告人質問で、小野被告は女子大学生と知り合ったきっかけを明らかにしました。

 「ツイッターの書き込みを見つけた。殺してというツイートにいいねを押した。女子大学生から、ありがとうというDMが来た」(小野被告)

 2022年9月、SNSでつながり、事件の1週間ほど前に札幌市内のカラオケ店に一緒に訪れたこともあったという小野被告と女子大学生。

 SNSなどで女子大学生に本当に死にたいか確認したと主張します。

 「殺していいか確認をしたら『死ねるんだったら、誰に殺されてもいい』と言っていた」(小野被告)

検察側は「自殺を手伝ったことがあるかのような嘘をつき、同意を得て実行している」

 そして小野被告は2022年10月3日、自宅アパートに女子大学生を招き、その後、殺害を実行したというのです。

 「女子大学生は『最後の晩餐になるからお酒を飲んで楽しく過ごしたい』と言っていた」(小野被告)

 弁護側の質問に小野被告は当時の状況をこう説明しました。

 裁判で検察側は「自殺を手伝ったことがあるかのような嘘をつき、同意を得て実行している。十分な計画性があり完全責任能力がある」と指摘。

弁護側「被害者も死にたいという気持ちが強かった」

 これに対し、弁護側は「犯行当時、心神耗弱の状態だった。過去の経験から、自殺に対するハードルが低く、被害者も死にたいという気持ちが強かった」として、執行猶予付きの判決を求めました。

殺された女子大学生の遺族は「もし死刑にならなかったら家に来いと言いたい」

 一方、裁判では検察が遺族の思いを読み上げる場面も…

 「小野に大事な娘が殺されたと言っても信じられない。犯人のことは絶対に許しません。死刑になって欲しい。目の前で見たらつかみかかってしまう。もし死刑にならなかったら、家に来いと言いたい。娘の仏壇の前で両手をついて謝らせたい」(女子大学生の遺族)

 次回の裁判は9月4日の予定です。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル