北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【傍聴記録・判決】嘱託殺人 22歳の女性の命を奪った54歳男に"懲役6年"判決 遺族は「模倣する人が現れないことを願う」

事件・事故 社会 友だち追加

送検される小野被告(2022年10月)

 検察側は「犯行当時、抑うつ状態だった可能性は否定できないとしても、うつ病を発症するには至っておらず、犯行に影響を与える精神疾患は見当たらない。

 SNSでのやりとりを消去させるなど証拠隠滅を図っていて、一貫性や合目的性がある」などとして、完全責任能力があったと主張。

 その上で「自殺を思いとどまらせるのも十分可能だったのに、理由を確認せず、全ての可能性を奪った。この種の事案の中でも最も悪質で強い非難に値する」として、懲役9年を求刑しました。

 一方、弁護側は「小野被告は犯行当時、心神耗弱の状態だった。計画的なものではなく、女子大学生の強い思いに流されて犯行に及んだ」と主張し、執行猶予付きの判決を求めました。

 そしてこの日、小野被告は謝罪の言葉を述べます。

 ▼小野被告:家族の皆さん、このタイミングで申し訳ありません。大切な娘さんを奪うことになり申し訳ございません。今後何年かわかりませんが墓前に行って頭を下げるつもりです」

■9月22日判決公判 「殺害すべき理由などどこにもない」

小野被告(SNSより)

 事件発覚から約1年となった9月22日。札幌地裁で午後2時30分に開かれた判決公判…

 ▼井下田英樹裁判長:主文 被告人に懲役6年を言い渡す。

 静まり返る法廷で、黒いTシャツにジーンズ姿で表情を変えることなく、裁判長の言葉を聞いていました。

 そして争点だった責任能力の有無について判断が出ます。

 ▼井下田裁判長:SNSのプロフィール欄に「心優しき死神でありたい」などと殺人をほのめかす文言を掲げるなど、女子大学生に人を殺せる人間であると納得してもらうために、殺人の経験があると虚偽の事実を告げていて、自殺願望を持つ他人を殺害することに抵抗を感じないという小野被告の価値観に基づく行動だった。

 ▼井下田裁判長:女子大学生に携帯電話の電源を切り、SNSアカウントを消去するように指示するなど、殺害の違法性を十分認識している。手法を変えながら一貫して殺害に向けた行動を取り、遺体を解体するための道具を購入するなど、状況に応じて合目的的な行動を取っているので、心神耗弱の疑いはなく、完全責任能力であったと認められる。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル