北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"台湾女子的北海道生活"17万人フォロー リアル情報で人気「HOKKAIDOLIFE」黄晴渝さん #BOSSTALK

社会 コラム・特集 友だち追加

Facebookのフォロワー17万人…北海道のディープな情報を発信

Facebookで北海道のリアル情報を発信

――黄さんが開設したFacebookのフォロワーは17万人。そこに至るまでの経緯は?
 10年前、台湾からの観光客の情報入手先はガイドブックしかなかったんです。

 当時、台湾の人が一番見ていたSNSは、Facebookでした。そこで、私しか知らない居酒屋や北海道の文化を毎日少しずつ配信していきました。

 北海道に来る台湾の観光客の6~7割はリピーター。求めている情報は北海道民の暮らしや地元の生活情報。それを提供したので、Facebookのフォロワーが伸びていったんじゃないかなと思います。

北海道の暮らしを1冊の本に

――実際に北海道で生活して気づきはありましたか?
 たとえば、北海道民は冬の朝に、深いりのコーヒーを飲む文化があるように私は思います。北海道は寒いので、皆さん結構味が深いものが好きですよね。味噌ラーメンもそうです。

――日本で生活する中で、慣れないこともありましたか?
 日本人の皆さんは、曖昧な言葉で伝えたりとかすることが多い。最初は『なんではっきり言わないんだろう』と思いましたが、今は、すごく美しい境界線だなと感じています。相手のために考えて伝えている言葉。傷つかないように話していると感じます。

 北海道の暮らしの本を3年前に出版しました。北海道の暮らしや、私がよく行くお店を載せています。こういった内容の本は、台湾では今まで誰も作ったこととかないですね。

――ガイドブックっていうものよりは、一歩踏み込んだ内容ということですね?。
 深い内容だと思います。たとえば雪虫が出てくると雪が降りますよなど。北海道に住まないとわからない情報をたっぷり載せています。

 実は台湾では2回ぐらいサイン会を開催。札幌の書店にも本を並べてもらい、サイン会もしました。

広告代理店経て独立…札幌で"旅行会社"立ち上げ

北海道の暮らしを体験する旅行をオーダーメード

――その後独立されるわけですけど、きっかけは?
 前職は広告代理店で10年間近く働かせてもらったので、より自由に北海道の情報を皆さんに届けたいので、2022年10月に自分の会社を立ち上げました。

――会社員時代と比べるとどうですか?
 不安ももちろんありますが、自分からいろいろ動かないといけないので、自分らしくいつも通りやればいいかなとは思います。

――いま力を入れて取り組んでることは?
 2023年7月「小春日和」という北海道では新しい旅行会社が立ち上げました。北海道旅行のオーダーメード。地元の祭りや漁師と一緒に漁に出るなど、北海道のより深い部分を皆さんに知ってもらいたいと思っています。

――北海道の暮らしを体験できる旅行会社?
 今後、体験型の旅行は主流。台湾、香港、アジアから訪れる観光客に体験を通して北海道のファンを増やしたいですね。

 北海道民に「小春日和っていう旅行会社のブランドがあってよかったね」「このブランドを通して北海道の良さを知ってもらえてよかったね」って思ってもらえる旅行会社にしたいです。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル