北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

札幌市街地で4人がクマに襲われた事故から2年 生活圏への出没が相次ぐ…有効な対策は 画期的な最新研究も

事件・事故 社会 友だち追加

 札幌市東区の市街地で4人がクマに襲われた事故から、6月18日で2年です。2023年もクマの目撃情報が相次いでいます。札幌市のクマ対策はどうなっているのでしょうか?

 事故を目撃した人:「クマがいる。人が!」

札幌・東区 4人重傷事故から2年

 三宅 真人 記者:「クマが自衛隊の門から入ろうとしています」

 札幌市東区で4人がクマに襲われ重軽傷を負った事故から、6月18日で2年です。

 2023年もクマの目撃が相次いでいます。

6月13日には札幌市西区の公園で小学生が茂みにいるクマを目撃。札幌市は6月15日から登山道や公園の一部を閉鎖し、北海道は札幌市西区などにヒグマ注意報を出しました。

 付近の住民:「子どもの公園遊びが心配。通学などの心配も多い」

 札幌市のヒグマ出没情報は、2023年度は6月15日までに70件。

2022年度同時期の46件を大きく上回っています。

札幌市ではクマと人のすみ分けのため4つの地域に分け、それぞれに適した対策を進める「ゾーニング管理」を行っています。

札幌市のクマ対策「ゾーニング管理」

 札幌市 環境共生担当課長 坂田 一人さん:「クマ全部が害獣だと思っていないし、全てのクマを保護しなければならないとも考えていない。有害性のあるクマについては、駆除・捕獲していかねばならない」

 生活圏での出没が増えている中、市民はクマ対策をどう考えているのでしょうか。

 札幌市民:「基本的には共存しなければいけないと思う」

 札幌市民:「対策をしても出てくるのは、仕方ないと思う」

 札幌市民:「具体的に何をやっているのか、よくわからない」

 札幌市民:「できれば駆除してほしい」

 札幌市民:「夜に歩いていると、ちょっと怖いと思うときはある」

 生活圏へのクマの出没の増加に危機感を抱いている専門家もいます。

 横浜国立大学 松田 裕之 名誉教授:「市街地に出てきている状況自体が緊急事態。クマも人を恐れ、人もクマを恐れないと共存できない」


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル