週間番組表

MENU CLOSE
検索

登校中の小学4年男子児童を車ではね死亡させる-被告の64歳男が初公判で起訴内容認める「記憶にないが現場検証の感じでは間違いないと思う」 検察側は禁錮4年求刑 北海道札幌市

事件・事故 友だち追加

 札幌市で男子児童がはねられ死亡した事故で、車を運転していた男の初公判が開かれ、男は起訴内容を認めました。

 札幌市豊平区の会社員花田光夫被告(64)は5月、糖尿病治療のためのインスリン注射の後に食事をとらず、低血糖で意識がもうろうとした状態でワンボックスカーを運転。

 横断中の小学4年の西田倖くん(9)をはね、死亡させた過失運転致死の罪に問われています。

 7月9日の初公判で花田被告は「記憶にないが現場検証の感じでは間違いないと思う」と起訴内容を認めました。

 検察側は「過失は重大」として禁錮4年を求刑。

 弁護側は執行猶予を求めました。

 判決は8月2日に言い渡されます。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル