北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

幻想的な運河の光景「小樽雪あかりの路」 10万本の“ろうそく”が街並みを照らす…“コロナ禍”から完全復活 海外からのボランティアの姿も

友だち追加

 日暮れとともにろうそくに灯るあかり。

運河会場

 北海道小樽市で行われている「小樽雪あかりの路」メイン会場の運河会場です。

 水面や散策路を優しく照らします。

手宮線会場

 幻想的な光景が広がるのは運河だけではありません。

 小樽市内の施設や商店街など約30か所で、期間中約10万本のろうそくが街並みを照らし出します。

 かつてメイン会場だった手宮線会場。

 2023年はコロナ禍で規模が縮小されましたが2024年は完全復活しました。

 1999年に始まったこのイベントの原点ともいえる場所で、約500mの線路跡地にあかりが灯ります。

あかりをともすボランティア

 コンセプトは、「手作り」と「参加型」です。

 「みんなで一緒にこの祭りを作る姿が本当に感動」(韓国からのボランティア)

 小樽市民はもちろん、韓国や台湾など海外のボランティアが参加し運営されています。

 あかりが消えたろうそくに再び火をともすなど、地道な作業を繰り返します。

 大勢のボランティアがイベントの縁の下を支えています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル