週間番組表

MENU CLOSE
検索

「ハンターになりたい!」若手の受験希望者が意外にも増加中…”ヒグマやエゾシカ”による被害が相次ぐ北海道 担い手不足の中 それぞれが目指すワケとは

事件・事故 社会 友だち追加
「勉強する機会も作る」と話す北海道猟友会

「勉強する機会も作る」と話す北海道猟友会

 「社会のために頑張りたいと入ってこられる方は大歓迎です。クマの対策事業をやりたいんだと思われて入ってきても5年、10年はできる訳がない。ただ、そこに至るまで、僕たちは教えていきますし、アピールしていただければ、育成の枠にどんどん入れて勉強する機会も作る」(北海道猟友会札幌支部 奥田 邦博 支部長)

 試験を終えた井戸さんに改めて目指すハンター像を尋ねました。

 「結構、いい感じに行きました。自分で鳥とかはシカを取って食べたいなと思ってたんですけど、そうではなくて、共存や住み分けの部分をしっかりと気にかけて、より良いその生態系に寄与できたらないなというふうに思うようになりました」(井戸さん)


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル