北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「北海道で本屋を」SNSの投稿をきっかけに東京から渡った23歳女性の挑戦 特集 浦幌町にブックカフェ誕生 目指すは「忙しい日常でもちょっと一息つける」

道内経済 友だち追加

 藤巻美月さん23歳。今年4月、東京から浦幌町にやってきました。荷物はスーツケース、一つだけ。移住の先輩、工藤安理沙さんが駅まで迎えに来てくれました。

 「色々な方のサポートがあったので安心して来ることができました」(藤巻さん)

 元々、北海道暮らしに憧れがあった藤巻さんが浦幌町と出会ったのは2年前。道東の魅力を伝えようとSNSで発信されていた「#道東discover」の投稿を見たのをきっかけに、運営元でガイドブックの制作などを手がけるドット道東に連絡したのがはじまりでした。

 「北海道に憧れがあったんですよね、小さい頃から。メッセージで「何か出来ることありませんか?」と送りました。そうしたらチャンスが来て、「これを使わなければ」と一歩を踏み出したら、どんどん進んでいった」(藤巻さん)

 帯広市と釧路市の間に位置する浦幌町。人口4200人の小さなまちですが、近年、移住者やUターンする若者が増えています。藤巻さんもドット道東の誘いで町で書店イベントを開き地域の人と交流するうちに、移住したいという気持ちが強くなったといいます。

 「浦幌町の人は心の距離が近くてホッとする空気感があって、そこに惹かれました」(藤巻さん)

 「知り合いや友達が増えれば住みたいとなった時に決断しやすくなる。そういう場をたくさん作りたいと思っています」(ドット道東 野澤 一盛 さん)

移住前にも浦幌町で本屋のイベントを開催し、地域の人と交流を深めた

 家族を説得し、移住の決断をした藤巻さん。町内のゲストハウスで働きながら、ブックカフェを開く準備をすることにしました。ドット道東のメンバーで、ゲストハウスを経営している小松輝さんが町内で商業施設を作る計画をしていたときに藤巻さんと出会い、声をかけたのです。

 「(浦幌町には)外から来た人が街歩きをして店に行けるような場所が少ないと思っていて、ちょうど建物を買うタイミングで藤巻さんが浦幌に来てくれていて声をかけたという形ですね」(リペリエンス 小松 輝 社長)

 ブックカフェとなる建物は築50年の閉店した金物店。小松さんの会社が建物を買い取り、改修はほとんど自分たちで行います。藤巻さんたちの力になりたいと町内外から多くの人が手伝いにきました。

 「(書店を開くのが)夢だったと話を聞いて、ミッキーさん(藤巻さん)らしいお店ができるんだろうなと思うと、早く行ってみたい」(改修の手伝いにきた大学生 藤田 奈央 さん)


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル