北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「夏 楽しむこと最優先」ウクライナ侵攻に無関心なモスクワ市民…"非友好国"に指定された日本人半減『細るコミュニティー』

友だち追加

モスクワ中心部の世界遺産「赤の広場」。観光客であふれ、短い夏を楽しんでいる。戦争している国とは思えぬ“いつも通り”の光景だ(2023年8月)

 日本に暮らす皆さんの想像とは違うかもしれない。ロシアの首都モスクワの市民の生活ぶりは。

 ロシアがウクライナへ侵攻し、1年5か月がたつ。戦闘は泥沼化。経済制裁で一部の輸入品が姿を消し、世界的なチェーン店も撤退した。日本は「非友好国」に指定され、両国間の関係も悪化。在留邦人は侵攻前の半分以下の900人にまで減った。

 反乱軍がモスクワのそばまで進軍したというのに市民の大半は無関心。政府がテロを主張するドローン墜落現場でも自撮りを楽しみ、人々は夏を謳歌(おうか)するのに必死だ。モスクワ特派員が市民の生活を描くとともに、細る日本人コミュニティーの現状をつづる。

自宅そばで爆発音~窓から”黒煙”確認「高層ビルにドローン突っ込む」

「モスクワ・シティ」への初攻撃があった瞬間。ロシア国営メディア、反体制メディア双方が拡散した(ロシアメディアのSNS、2023年7月)

 現地時間の8月1日午前3時20分ごろ。モスクワ支局のオフィスから徒歩10分の自宅へ向かう途中、大きな爆発音が聞こえた。間近で打ち上げ花火がさく裂したような大きな音だった。

 オフィスや自宅から約1.5キロのところにある高層オフィスビル街「モスクワ・シティ」では、2日前にもドローン攻撃があったばかり。路上にあったレンタル電動キックスケーターで現場へ走った。

自宅の近くにあるモスクワのオフィスビル街「モスクワ・シティ」。ドローン攻撃で摩天楼に煙が浮かんだ(2023年8月)

 ほぼ同時にスマホが鳴った。妻からの電話だった。

 「今の音、聞こえた? 今、どこ? 大丈夫? 私はびっくりしすぎて、固まっちゃった」

 まくし立てる妻を落ち着かせ、自宅から見えるモスクワ・シティの様子の動画をスマホで撮るように頼んだ。30分後、モスクワ市長が「前回と同じくビルにドローンが突っ込んだ」とSNSで発表した。

 モスクワ・シティは高さ300メートル超のビルが並ぶ地域で、この日はドローンが21階の窓に突っ込み、破片が地面に散乱した。妻が送ってくれた自宅の窓から撮った動画には、摩天楼の上部にうっすらと黒煙が漂っていた。

 モスクワへのドローン攻撃は5月以降、今回で5回目。モスクワ・シティには日本の商社が入るビルもあり、日本人が巻き込まれた可能性があった。「負傷者なし」。ロシアメディアの速報を確認し、キックスケーターをUターンさせた。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル