週間番組表

MENU CLOSE
検索

【ススキノ首切断】きょう母親の浩子被告の初公判 注目裁判の争点は? 執行猶予の可能性も? 親子3人が逮捕起訴された衝撃的な猟奇事件からまもなく1年

事件・事故 社会 友だち追加
起訴された親子3人

起訴された親子3人

2023年7月、札幌ススキノのホテルの一室で当時62歳の男性の遺体が見つかり、田村瑠奈被告(30)、父親の田村修被告(60)、母親の田村浩子被告(61)の親子3人が逮捕・起訴された事件。

約1年が経過し、死体遺棄ほう助、死体損壊ほう助で起訴されている母親の田村浩子被告の初公判が6月4日午後3時から札幌地裁で開かれます。

■起訴内容から見えてくる"3人の役割分担"

殺人罪などで起訴された田村瑠奈被告

殺人罪などで起訴された田村瑠奈被告

起訴状によりますと、逮捕された3人のうち殺害の実行役である瑠奈被告は2023年7月、札幌ススキノのホテルで男性の首などを折りたたみナイフで複数回突き刺して殺害後、のこぎりなどを使い首を切断。ホテルからキャリーケースに頭部を入れて持ち去り、自宅で刃物を使って頭部から皮膚などをはぎとった殺人などの罪で起訴。

父親の修被告は事前に瑠奈被告と一緒にのこぎりやキャリーケースなどを購入し、瑠奈被告をホテルまで送迎。その後、瑠奈被告が男性の頭部を損壊する様子をビデオ撮影した殺人ほう助・死体損壊ほう助などの罪で起訴。

母親の浩子被告は瑠奈被告が持ち去った頭部を自宅に隠すのを容認し、瑠奈被告から頭部を損壊する様子をビデオで撮影したいと求められ、修被告に撮影を依頼し損壊する様子を撮らせた死体遺棄ほう助・死体損壊ほう助の罪で起訴されています。

■両親は関与を否定

父親の修被告は精神科医

父親の修被告は精神科医

2023年8月から3人の刑事責任能力を調べる約半年間に及ぶ鑑定留置が実施されました。

9月に札幌簡易裁判所で修被告と浩子被告の鑑定留置理由開示手続きが行われ、2人は「やっていません。事件後に家に帰ってきて、初めて知りました」と話し関与を否定したということです。

そして2024年3月、札幌地検は3人全員を起訴しました。

瑠奈被告と修被告は裁判員裁判となり、裁判の予定は未定です。

■いよいよ母親・浩子被告の初公判…争点は

母親の浩子被告の裁判が先行して行われる

母親の浩子被告の裁判が先行して行われる

事件から約1年が経過し、6月4日に札幌地裁で母親の浩子被告の初公判が開かれます。

元検事の磯部真士弁護士は、浩子被告が瑠奈被告の犯罪を精神的・物理的に援助したことにより瑠奈被告の実行行為を容易にさせた「ほう助罪」で、長くても懲役1年半で執行猶予がつく可能性があると指摘。

また裁判では、そもそも浩子被告がほう助罪といえるほどのことをしているのか、事実関係が争点になる可能性が高いと予想。

「(瑠奈被告から依頼されたビデオ撮影について)夫の修被告に依頼したということならば、間接的な対応になるので、積極的に関与していないというスタンスでいくのでは」

浩子被告の初公判は6月4日(火)午後3時から札幌地裁で開かれます。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル