週間番組表

MENU CLOSE
検索

時速10キロでもスリップすることも…凍結路面の中でも特に怖い"ツルツル踏切" ストップ&ゴーでスリップしやすくなった踏切で列車との衝突防ぐには?

事件・事故 社会 友だち追加

 冬の寒さがまだ続く道内。朝晩はグッと冷え込み、道路は滑りやすくなります。

 ツルツル路面の中でも多くの危険が潜むのが踏切。事故を未然に防ぐには…。

 雪道を歩くとき私たちはいつも足元を気にしながら歩いています。ツルツル路面があるからです。車を乗っている時も危険は同じです。

 そんな「ツルツル路面」の中でも特に気をつけたいのは、踏切付近での運転です。

車道は一部アイスバーンに

車道は一部アイスバーンに

 「連日の雪と寒さの影響で路面は滑りやすくなっています。踏切目の前の車道は一部アイスバーン状態となっていて運転もしづらそうです」(斉藤 健太 記者)

 いかにも滑りそうな路面。降り積もった雪は完全に凍結しています。

 函館の隣、七飯町の踏切で2023年12月、乗用車が踏切に進入し、列車と衝突しました。乗客115人と乗員にケガはありませんでした。

 この事故で乗用車に乗っていた70代の女性1人が病院に搬送されました。

 また、2023年の年末には北海道・苫小牧市のJR室蘭線の踏切で、特急と乗用車が衝突しました。

 特急の乗員乗客と乗用車の男性にもケガはありませんでした。

 警察は当時、付近の路面が凍結していたことから乗用車がスリップして踏切内に入った可能性があるとみています。

12月から3月の冬の機関に事故が発生しやすい

12月から3月の冬の機関に事故が発生しやすい

 JR北海道によりますと、過去5年間、道内での踏切事故の約6割は、12月から3月の冬の期間に発生しているということです。

 身近な生活路に潜む危険な路面。事故を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。専門家は。

 「踏切はストップ&ゴーの繰り返しが多くなる場所なので、そこに対してスリップが起きます。速度が落ちているからといって急ブレーキ踏んでも大丈夫じゃないかって勘違いされる方多いが、(時速)10キロでスリップした事案もある。ブレーキは強く踏まないことが鉄則です」(ディ・クリエイト 上西 一美 代表)


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル