週間番組表

MENU CLOSE
検索

また北海道内大荒れの天気 2月1日にかけて日本海側中心に“猛吹雪や吹き溜まり”による交通障害や暴風に警戒が必要 予想される雪の量…多い所で40センチ

天気 友だち追加

 北海道内は1月31日から2月1日にかけて大荒れの天気となる見込みで、日本海側を中心に猛吹雪や吹き溜まりによる交通への影響や暴風に警戒が必要です。

 発達する低気圧や冬型の気圧配置の影響で北海道内はこれから雪や風が強まる見込みです。

 1日夕方までに予想される雪の量は日本海側とオホーツク海側の多い所で40センチなどとなっています。

 予想される最大瞬間風速は、いずれも陸上で30メートルです。

 気象台は日本海側を中心に1日未明から夜の初め頃にかけ、猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害や暴風などに警戒するよう呼び掛けています。

 太平洋側東部とオホーツク海側南部の海では1日昼過ぎから夜の初めごろにかけ高波にも警戒が必要です。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル