週間番組表

MENU CLOSE
検索

大量イワシ漂着の海岸でまた異変…今度は“骨&うろこ”が約50センチにも積もる!? 「こんなの見たことがない」住民びっくり 北海道函館市

社会 友だち追加

 海岸を埋め尽くす白い物体…。
 
 長く連なっています。

 「函館市の海岸に来ています。一見、砂に見えるのですが実は魚の骨なんです」(斉藤健太記者)

骨とうろこで海岸が”真っ白”に

骨とうろこで海岸が”真っ白”に

 約400メートルに渡り大量の魚の骨やうろこで埋め尽くされているのは、函館市浜町の海岸です。

 1月4日、市の職員が確認しました。

 この海岸では2023年12月、数千トンとみられる大量のイワシが漂着し一部は回収されましたが、多くは海中などに残ったままでした。

 あれからまもなく2か月…

 死んだイワシが分解され、残された骨とうろこが海岸に漂着したとみられています。

 「ふかふか、50センチくらい積もっている。骨が波で打ち寄せられて玉になっていた。こんなの見たことがない。そんなに臭くない」(住民)

50センチ程度積もった場所も

50センチ程度積もった場所も

 函館市は臭いはわずかで、悪影響はないとしてすぐに回収はしませんが、定期的に見回りを続け判断する方針です。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル