週間番組表

MENU CLOSE
検索

若者のリピーター続出!「お手伝い」+「旅行」を組み合わせた「おてつたび」”新しい旅のカタチ”が人気のワケとは

社会 友だち追加

 「お手伝い」と「旅行」を組み合わせた新しい旅のカタチ=「おてつたび」が今、若者を中心に人気です。

 働きながらの旅行がなぜ人を引きつけるのでしょうか。

 2023年12月10日、江別駅。3人の若者が「お手伝い」と「旅行」を組み合わせた、1週間の「おてつたび」を始めました。

おてつたびに参加した3名

おてつたびに参加した3名

 「3人とも(おてつたびは)初めて?」

 「私は初めて」「自分は5回目です」「えー、すごい。私2回目です」

 「新しい場所、新しい人、新しい経験にめちゃくちゃワクワクする人間で。この何か月間で5回目っていうくらい、どっぷりハマってます」」(岡山県から来た山下 佳音さん)

 「ゆっくり北海道に来たくて、長く滞在していてもお金がかからない。むしろもらえる」(宮城県から来た高橋 真理さん)

 「土に触りたい。自然に触れたい」(小樽市から来た鈴木 日奈子さん)

宿泊費は無料

宿泊費は無料

 到着したのは、新篠津村です。

 一人部屋で、宿泊費は無料。「おてつたび」では受け入れ側が泊まる場所を準備することになっているんです。

 「キレイすぎます」(山下さん)

 「キレイで広い」(高橋さん)

農場を経営している大塚さん

農場を経営している大塚さん

 「これ卵、1個100円するオーガニックの卵だから」(大塚ファーム 大塚 裕樹木さん)

 3人を受け入れたのは大塚裕樹さん。新篠津村で農場を経営しています。

 大塚さんは食事の心配もしていました。

 「みんな遠くから来てくれて、交通費もたくさんかかっているから、そういう思いもあってやってます」(大塚さん)

普段はカメラマンの仕事をしている鈴木さん

普段はカメラマンの仕事をしている鈴木さん

 「この辺の景色がキレイだったんですよ。カメラで撮りました」(鈴木さん) 普段はカメラマンの仕事をしているそうです。

 「街灯とかも少ないし、空も広いし、より撮りたくなる」(鈴木さん)

 旅行気分で朝ごはんも「パシャリ」。1個100円の卵はTKGに。

お手伝いがスタート!

お手伝いがスタート!

 朝7時半。「お手伝い」がスタートです。3人は蒸したサツマイモを加工する作業を手伝いました。

 作業場にはこの道11年の菊池名代子さんがいました。まさにプロの技です。

 「まだ力加減がけっこう難しい…」(山下さん)

 「まだ力加減が弱すぎて、いいあんばいでむけてない。ちょい、力を入れてもいい」(男性従業員)

 立ちっぱなしで慣れない仕事を2時間半。見ていても大変そうでした。