週間番組表

MENU CLOSE
検索

【続報】被害者宅のベッドに“血痕” 殺害の発覚遅らせるため布団で覆ったか…遺棄現場に『血の付いたシーツとパジャマ』遺体捜索続く 北海道足寄町

事件・事故 友だち追加

 北海道東部の足寄町で女性の遺体を遺棄したとして男が逮捕された事件で、女性の自宅のベッドに付いた血痕を覆うように布団が掛けられていました。

 殺害の発覚を遅らせる目的があったとみられています。

 この事件は11月10日、足寄町内の山林にスナック店経営の延本 真弓さん(66)の遺体を遺棄したとして、無職の志渡 典吉容疑者(58)が逮捕されたものです。

 捜査関係者によりますと、延本さんの自宅寝室のベッドに付いた血痕を覆うようにして、布団が掛けられていたことが分かりました。

無職の志渡 典吉容疑者(58)

無職の志渡 典吉容疑者(58)

 志渡容疑者は殺害後に事件の発覚を遅らせるため、布団で血痕を隠しシーツに遺体を包んで運んだとみられています。

 遺体を遺棄したと話す現場では、血の付いたシーツとパジャマが見つかっています。

 警察は12月21日も遺体の捜索を続けています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル