週間番組表

MENU CLOSE
検索

『色つき融雪剤』で飛行機がカラフルに!散布漏れ防止のため「国際的に採用」離陸時にはがれ“飛行後は元通り” 新千歳空港で今シーズンから先行導入

友だち追加

 本格的な冬を迎え、新千歳空港で今シーズンから航空機についた雪や氷を溶かす溶剤に、色付きのものが採用されます。

 オレンジ色に染まるJALのマーク。

 散布されているのは色付きの防除雪氷剤、ADFです。

 航空機の機体や翼に雪や氷が付着するのを防ぐADFはこれまで透明タイプでしたが、視覚的に散布漏れを防止できることなどから、オレンジや緑など色付きのものが国際的に採用されました。

色付きの防除雪氷剤ADF

色付きの防除雪氷剤ADF

 国内では新千歳空港や羽田空港など、5つの空港で今シーズンから先行導入されます。

 着色のための添加剤は食品などにも使用され、無害だということです。

 また、色は離陸時の摩擦ではがれ、飛行後は元通りになるということです。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル