週間番組表

MENU CLOSE
検索

10歳の双子と5歳の3兄弟育てる「牧場経営ママ」365日休みのない肉体労働…子育てと牛のお世話にはたくさん共通点 【ママドキュ】

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道で暮らす働くママの1日を追いかける観察ドキュメント「ママドキュ」。

 子育てと仕事に奮闘するママたちの実際の1日を覗いてみると、限られた時間の中で家事や育児を効率よくこなす工夫が満載でした。

 今回の主役は北海道のサンタクロースの故郷として知られる場所、北海道広尾町に住むなつきさん46歳です。

 10歳の双子と5歳の3兄弟を育てながら、主に乳牛を育てる鈴木牧場を夫婦で経営しています。

 牛たちは放し飼いで自由に牧草を食べていて、国内初の「グラスフェッド認証」を取得した牧場です。

子牛のお世話から一日がスタート

子牛のお世話から一日がスタート

 毎朝5時。なつきママの一日は子牛のお世話からスタートします。

 なつきママの姿を見た牛がエサを催促するように次々と鳴いています。

 子猫やポニー、犬にも寒さの中でご飯をあげ続けること1時間。

海の幸と自家製の牛乳で栄養満点の朝食

ジップロックを活用し、毎朝手軽に魚を

ジップロックを活用し、毎朝手軽に魚を

 休むことなく次は子どもたちの朝食を作ります。なつきママは毎朝魚を焼きます。

 大きい干物を買ってきて、頭と尻尾をハサミでカット。
 
 1食分ずつ冷凍保存していました。食べる前の晩に冷蔵庫に入れて後は焼くだけ。

 毎週火曜日と土曜日に加工会社の一角で一夜干しの魚を直売している鏑木水産。

 脂ののった魚が2,3尾1000円で買えちゃいます。

 みそ汁は忙しい朝でも出汁をとるのがこだわり。

・氷熟 かつおマイルド削り
・玄米味噌を使ったネギとなめこの味噌汁
・低温殺菌した自家製の牛乳

 手際よく栄養満点のご飯を作っていきます。

地元の農家が手掛ける野菜や加工品を購入

鈴木牧場の商品も販売

鈴木牧場の商品も販売

 子どもを保育園へ送ったらその足で夕食の買い物へ。

 推しスーパーはAコープサンタ村店。

 地元の農家が手掛けた野菜や加工品が100円台で買えるお得な直売コーナーがあります。

 なつきさんの鈴木牧場からは、自然の環境で育ったハンバーグと広尾町の海水から作った塩を販売。ミネラルが豊富で牛にも食べさせています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル