週間番組表

MENU CLOSE
検索

遺体近くのクマの死骸…“消防隊員襲ったのと同一”と確認 喉元のナイフ刺し傷が「致命傷」に 現地調査で判明

事件・事故 社会 友だち追加

 当時の状況が明らかになってきました。

 北海道南部の福島町の山中でクマに襲われたとみられる男子大学生の遺体とクマの死骸が見つかったことを受け、現地調査が行なわれました。

 「調査員などを乗せた車が山へと入っていきます。これから現場周辺の調査を行ないます」(斉藤 健太 記者)

現地へ向かう調査員

現地へ向かう調査員

 福島町の大千軒岳では11月2日、函館市の男子大学生が遺体で発見され、数十メートル先で首に刺し傷があるクマの死骸も見つかりました。

 関係者によりますとこのクマは10月31日に消防隊員3人にも襲いかかり、ナイフで喉元などを刺され死んだと見られています。

 「実際にクマに遭遇した消防隊員が山に入っていきます」(本貴 憲 カメラマン)

 9日の調査では道立総合研究機構の調査員のほか、ナイフでクマに応戦した消防隊員も参加。

 現地では渓流沿いに残されていたクマの死骸を改めて調べ、歯や体毛、大腿骨(だいたいこつ)などを採取しました。

福島町役場での協議

福島町役場での協議

 現地調査を終え、福島町役場で関係者の報告と今後の方針などが協議されました。

 「首にナイフによると思われる深い刺し傷があった。10月31日に3人の消防士を襲ったクマと同一個体だと確認できる。皮下脂肪は良好で、栄養状態は悪くない」(北海道ヒグマ対策室 武田 忠義さん)

 今後、遺伝子分析のほか、クマに襲われた消防隊員と大学生との関連を詳しく調べる方針です。

消防隊員からのナイフでの反撃が致命傷に

消防隊員からのナイフでの反撃が致命傷に

 現場のクマの死骸の調査では、クマの目元と喉元に刺し傷が確認されました。

 10月31日に消防隊員3人を襲ったのと同一個体であることが確認され、特に喉元の傷が気管に達するほど深く、これが致命傷になったと考えられるということです。

 クマは体長1メートル25センチ、体高58センチのオス。現場周辺に新たな遺留品はなく、ナイフも発見されていません。

 採取したものは以下の通りです。
・歯:年齢を調べる
・大腿骨・体毛:何を食べていたかがわかり、栄養状態は良好だった

 現地での調査はこれで終了し、男子大学生の遺体との解明につながる胃の内容物は警察が鑑定していて、判明まではまだ時間がかかりそうです。