北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

野菜まで高騰? 原因は “猛暑” ブロッコリー、トマト、キュウリ、ブドウ… 形悪いものや収穫量の激減も

社会 くらし・医療 友だち追加

 2023年の夏の暑さ。食卓への影響が出てきました。

 野菜が育たず、出荷量が減っています。この秋、家計への影響はどうなっているのでしょうか。

 連続真夏日44日を記録した2023年の北海道。

 札幌市では8月下旬になっても猛暑日を記録するなど、とにかく暑い夏でした。

 この暑さが秋になっても影響を及ぼしています。

連続真夏日44日を記録した2023年の北海道

 札幌市の隣、江別市の佐藤農園で収穫しているのは特産のブロッコリー。

 収穫時期は6月から10月。まさに今が旬なのですが…。

 「色が出ていない。黄色っぽい。普通もっと緑色。あと高温障害で形が悪くなってる」(佐藤農園 佐藤 博孝さん)

 通常通り育ったブロッコリーと育ちの悪いブロッコリーは比べると一目瞭然です。

江別市の特産ブロッコリー

 ブロッコリーは苗を植えてから収穫まで3か月を要します。

 生育に適した気温は20度から25度くらいですが、現在収穫しているものはまさに暑い時期に育ったもの。

 猛暑の影響がハッキリ出ています。さらに…。

 「病気がついている。わかります?黒いの。これがすごい出ている。こういうのは出荷もできない」(佐藤農園 佐藤 博孝さん)

 実の部分に黒い斑点ができ、腐らせる病気です。

 これも2022年まではあまり見かけなかったといいます。

実を腐らせる病気

 暑さによる生育不良や病気で、現在は例年の5分の1しか収穫できていません。

 人件費もかかるため、2023年は赤字を覚悟しています。

本来は山積みのレタス

 こちらは主に江別市の野菜100種類以上が集まる直売所です。

 7月までは野菜が山積みでしたが、8月以降は激減しています。

 「レタスが少し復活してきた。本来はもっと山積みだが、物が少ないので広げて置いている」(のっぽろ野菜直売所 能藤義雄店長)

葉が枯れたり溶けていたりする部分をカット

 例年ならまだまだ出荷されているトマトも。

 「(2022年は)端から端までトマトで真っ赤だった。(2023年は)午後1時を過ぎたら(棚が)ガラガラ。それだけ物がない」(買い物客)

 「前は昼も在庫があったが、今は昼になったら本当にない」(買い物客)

 他にもキュウリ、ホウレンソウやコマツナといった葉物野菜など、様々な野菜の収穫が減っていますが、企業努力で価格は据え置いているということです。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル