週間番組表

MENU CLOSE
検索

ボールパーク 新駅 2028年完成か "徒歩4分" の近さ 建設費もコンパクトに 混雑緩和やにぎわい創出

社会 友だち追加
ボールパークと新駅予定地

ボールパークと新駅予定地

 北広島市がボールパーク近くに建設を要望してきた新駅について、JR北海道が会見を開き建設費を90億円ほどに抑えたコンパクトな新駅の案を発表しました。

 開業から半年を迎える北海道ボールパークFビレッジ。

 最大約3万5000人を収容できるエスコンフィールドには、試合がない日でも最大1万人がつめかけるなど、いまや北海道の一大観光地に成長しています。

北海道ボールパークFビレッジ

北海道ボールパークFビレッジ

 一方、課題となっているのが、アクセスの問題です。

 札幌駅から南東に約20キロ離れたJR北広島駅。

 駅から球場までは約2キロ、徒歩で19分かかります。

アクセスが課題に

アクセスが課題に

 特に試合日は球場周辺が混雑し、バスを待つ行列や交通渋滞が起きていました。

 そこで、北広島市が費用を負担する「請願駅」としてJR北海道にボールパーク近くの駅建設を要望してきました。

 9月13日、その答えが発表されました。

 「ボールパークFビレッジ隣接地に設置する新駅計画についてです。見直し計画は概算工事費が概ね85~90億円で工期は約5年。ボールパークと新駅間のスムーズな移動経路を確保するべく、なるべくボールパークに近いところに駅を作る」(JR北海道 綿貫 泰之 社長)

 JR北海道が発表したボールパーク前の新駅は球場から300メートル、徒歩4分ほどの距離と、これまでの北広島駅と比べるとぐっと近くなります。

新駅建設により徒歩4分のアクセスに

新駅建設により徒歩4分のアクセスに

 新駅をめぐっては、当初80億円ほどの費用を見込んでいましたが資材高騰などで建設費が4割ほど高い115~125億円になると発表されていて、北広島市が費用の圧縮をJR北海道に求めていました。

 「工事費の削減をするために北広島市と打ち合わせて、こういう場所に作れば工事費が安くなるという話。200メートル最初の計画から移す。この金額でいけると見ています。さらに圧縮する努力はしていきたい」(JR北海道 綿貫 社長)

 費用圧縮のため、新駅を200メートルほど、JR北広島駅側に移動させ建設場所を線路がカーブした所から直線部分に変更することで、建設の難易度と費用を低減。

 また駅の設備を一部変更することで建設費を85億~90億円ほどに抑えられる見込みだと言うことです。