北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「事務処理が苦手だった」30代女性職員が生活保護受給者の個人情報を廃棄…影響額は240万円…停職6か月の懲戒処分 札幌市

事件・事故 政治 社会 友だち追加

不適切な事務処理が発覚した札幌市東区役所

 30代の女性職員が、担当する生活保護受給者の書類を廃棄するなどして、過小支給や返還決定の遅延など生活保護の支給業務に影響が出たことがわかりました。影響した金額は約240万円に上っています。

 札幌市によりますと、30代の女性職員は、2022年5月から2023年4月までの間、札幌市東区役所でケースワーカーをしていた際、生活保護受給世帯から預かった、個人情報記載の書類、70世帯分をシュレッダーにかけ廃棄しました。

 さらに上司と同じ名前のハンコを用意し、35世帯分の調査書類において、上司の決済を受けたように装うなど、84世帯(重複除く)で不適切な事務処理をしていました。

 そのうち3世帯で約2万円の過大支給、24世帯で約126万円の過少支給、さらに4世帯で約111万円の返還決定遅延があり、影響額はのべ31世帯 合わせて約240万円に上っています。

不適切な事務処理が発覚した札幌市東区役所

 市の調査に対し女性職員は「事務処理の管理が苦手で、同僚や上司に知られることを恐れた」として、隠ぺい行為を認めたということです。

 市は8月29日付でこの女性職員を停職6か月の懲戒処分としました。

 この女性職員は、前の職場でも、同様に事務処理を怠ったことがあり、札幌市は再発を防げませんでした。

 今回の不適切処理を受け、札幌市は未処理の書類を貯めこまないよう、課長と係長でダブルチェックを行うほか、職員同士でデスクの中をチェックするなど対策していきたいとしています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル