北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「捕獲するだけではクマに申し訳ない」忍者グマOSO18 釧路市の飲食店で"味噌煮込み"として提供 「柔らかくて美味しい」

社会 友だち追加

8月24日撮影 釧路市

 北海道東部の標茶町や厚岸町の牧場で66頭ものウシを襲ってきたヒグマ「OSO18」。警戒心が強く人の目にふれないことから"忍者グマ"とも言われ、周辺の酪農家を恐怖や不安に陥れてきました。

8月24日撮影 釧路市

 標茶町や厚岸町で警戒が続く中、7月30日に釧路町で1頭のヒグマが捕獲されました。当初は普通のクマと思われていましたが、その後のDNA鑑定で「OSO18」だったことが明らかとなりました。

 「OSO18」は白糠町の加工会社「馬木葉」で精肉加工され、8月24日夜、釧路市の飲食店で客に提供されました。

8月24日撮影 釧路市

 メニューは「味噌煮込み」。クマの肉とゴボウを味噌で煮込んだもので、食べた客は「くさみもなく、柔らかくておいしい。OSO18の肉だと聞いて驚いた」と話していました。

8月24日撮影 釧路市

 馬木葉の松野穣社長によりますと、クマは7月30日にハンターによって持ち込まれ、その時の第一印象は「少し大きめの普通のクマ」。比較的、高齢のクマとみられ、夏時期ということもあり、脂はのっておらず、痩せていたといいます。毛は全体的に短かめで、皮膚病などの形跡はありませんでした。

 また、OSO18は臀部に傷があると言われていましたが、持ち込まれたクマの臀部にも薄い傷のようなものがあったということです。

8月24日撮影 釧路市

 松野社長は「牛を襲って食べていたので、脂がのっていて500キロくらいあるというイメージだったが、実際は痩せたクマで、最後はあっけないなと感じた。捕獲するだけではクマに申し訳ないので、有効利用するのが一番いいのではないかと思う」と話していました。

OSO18 (6月25日 提供:標茶町)

 松野社長によりますと、クマは年間5.6頭しか入らない高級品で、OSO18の肉は、釧路市の飲食店のほか、東京都のジビエ料理店や通販会社が仕入れたということです。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル