週間番組表

MENU CLOSE
検索

ウシ “66頭” 襲ったヒグマ「OSO18」ついに駆除 人から逃げずハンターが出動 体長2.1m 体重330kg

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道東部の標茶町などで牛66頭を襲っていたヒグマOSO18について、北海道が先ほど会見し駆除に至った経緯を明らかにしました。

 北海道によりますと、7月30日午前5時ごろ釧路町でハンターがクマ1頭を駆除しました。

 このクマは数日にわたり農地に頻繁に出没していて、人を見ても逃げないことから捕獲したということです。

 8月18日、北海道立総合研究機構の分析の結果、OSO18のDNAと一致しました。

駆除されていたヒグマOSO18

駆除されていたヒグマOSO18

 釧路総合振興局 杉山 誠一 部長:「地域の方々が安心して営農できる日常を取り戻せてほっとしています」

 駆除されたOSO18の体長は2メートル10センチで、前足の幅が20センチ。

 推定体重は330キロ。

 痩せていて、手足に皮膚病を患っていたということです。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル