北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

ママの“家事負担”を軽減 料理の“作り置き”代行サービス…時間や心に余裕がないとき 「頼る勇気」を出して乗り切る

コラム・特集 友だち追加

 子育て中の家事は大変。特に食事の支度は大きな負担ですよね。どうしたら、それを減らせるのか。料理の作り置き代行サービスという方法があるんです。

 出張シェフとして働く、青柳のぞみさん。依頼を受けた家庭に出向き、材料の買い物から調理までを代行します。この日は5歳から10歳まで、3人の子のママからの依頼。材料費は5000円で、10品の作り置きの品を調理します。まずは、鶏むね肉を使ったメニューです。

 出張シェフ 青柳 のぞみさん:「何でも値上がりして高いので、鶏むね肉を使う。フォークで刺し、調味料につけておくとやわらかくなる」

買い求めやすい食材を活用

 比較的買い求めやすい鶏むね肉。硬くなりがちですが、ひと手間加えることでやわらかくなるといいます。

 出張シェフ 青柳 のぞみさん:「砂糖で揉みこんでいきます。砂糖を入れることで、脱水されてしっとりする」

 鶏肉を寝かせている間に副菜にとりかかります。人気メニューのひとつ、「ブロッコリーのくたくた」。コンソメで煮ます。

 出張シェフ 青柳 のぞみさん:「ブロッコリーをコンソメで煮ると、青臭さがなくなって子どもでも食べやすい」

 のぞみさんの出張シェフは野菜たっぷりレシピが魅力。子どもがおいしく食べられる工夫が満載です。ニンジンはスライサーで切ってから千切りにします。

子どもにも食べやすい工夫を

 出張シェフ 青柳 のぞみさん:「野菜は細かく切り、子どもでも食べやすくする。切り干し大根は和風の味だと食べてくれないので、サラダにします」

 値上げラッシュの中でも比較的価格が安定している、おすすめの食材が切り干し大根や豆苗です。ツナやマヨネーズを使って、まろやかな味にすると子どもでも食べやすくなります。さらに、子どもには馴染みのないスパイス「クミン」も使います。

 出張シェフ 青柳 のぞみさん:「『何のにおい?』という会話も“食育”。子どもが食べるものが全てではない。メニューに大人の楽しみを入れる。ママはみんな“頑張り屋”だから自分のために作らない」


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル