北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

地方議員の“なり手”不足が深刻化 議会が“定員割れ”も…村外からの移住者が立候補 無投票を回避するもハードルは高く

友だち追加

 地方議員のなり手不足が深刻な問題となっています。

 それに一石を投じたのが、マチの外から移住してきた候補者たちです。

 無投票を回避し選挙戦に挑みますが、地方議会の壁が立ちはだかりました。
 

 北海道十勝地方の中札内村です。

 農業が主な産業で人口は3800人あまり。

大阪から移住してきた木村さん

 卵農場でパートとして働く木村優子さんは、10年前に大阪から家族4人で移住してきました。

 木村さんにはもう一つの顔があります。

 中札内村の村議会議員を務めているのです。

中札内村の議会議員

 木村 優子さん:「全く自分が育った街でもないところで、何でこんな仕事をさせてもらっているのか。一番大きいのが議会事務局で働いていたこと」

 中札内村議会の定数は8。

 4年前の統一地方選挙では、立候補者が7人にとどまり無投票に。

 議会は定員割れとなりました。

 当時、議会事務局で働いていた木村さんは住民アンケートなどを行い、原因を調査しました。

 すると、「議員の高齢化」、「女性議員の不足」を指摘する声や、「子育て世代の声が届かない」という意見などが寄せられました。

 これをきっかけに木村さんは、2年前の補欠選挙に無所属で立候補し無投票で当選したのです。

2年前に補欠選挙に立候補

 木村 優子さん:「昔は地域から議員を推して地域に恩恵をもたらせてくれる、利益誘導という意味合いが大きかった。例えば『ここに道路を作ってほしい』とか」

 唯一の子育て世代の村議としての活動。

 2年間で、高校生までの医療費無償化や、村外の認可外保育園の保育料全額助成などを議会で提案し実現につなげてきました。

 木村 優子さん:「『子どものことばかりだね』という議員もいたけれど、言えるのは私しかいないのでこだわってきた」

 木村さんを支えてきた家族は。

木村さんを支えてきた家族

 夫・剛樹さん:「誰かのためになっているのを子どもに見せる機会がない。子どもにとっても将来的にいいと思う」

 長男・晃之くん:「がんばっているなとか、ずっと忙しいという感じ。今はすごいことしているなと思う」

 そして迎えた2023年4月の統一地方選挙。

 4年前に引き続き、再び無投票となる可能性もありましたが。

 木村 優子さん:「定数8のところ、説明会には11陣営が参加。現職が6人で新人が5人」

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル