週間番組表

MENU CLOSE
検索

「半分以下には減ってます」北海道留萌地方の特産品“甘エビ”が ピンチ ここ数年原因不明の不漁続く 日本海側ではこの10年で約8割減少 漁獲量日本一を誇った羽幌町では「はぼろ甘エビまつり」中止

社会 友だち追加

 北海道留萌地方の特産品、甘エビ。3月にエビかご漁が解禁されましたが、日本海側ではこの10年で漁獲量が8割減少するなど不漁が続いています。

 活きのいいピンク色の甘エビ。

 地元漁協によりますと、増毛沖で4月15日に水揚げされた甘エビは約1トンで、ここ数年、不漁が続いているということです。

 中央水産試験場によりますと、北海道の日本海側でとれた甘エビの量は、この10年で約8割減少していますが、原因はまだ分かっていません。

地元漁師は「ここ2~3年とくに減ってきている」と話す

地元漁師は「ここ2~3年とくに減ってきている」と話す

 「ここ2、3年とくに減ってきてはいて。(3年前と比べて)半分以下には減ってますね」(地元の漁師)

 甘エビの漁獲量日本一を誇った羽幌町では、十分な水揚げが確保できず2024年の「はぼろ甘エビまつり」の中止が決まっています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル