週間番組表

MENU CLOSE
検索

「ゲームでの高額課金」急増 100万円以上使うトラブルも…新学期から子どもにスマホ持たせますか?持たせませんか?中1は7割超所持 トラブル防ぐ「ペアレンタルコントロール機能」と「親子の話し合い」

社会 友だち追加
無断課金トラブルが相次いでいる

無断課金トラブルが相次いでいる

 そして、いま全国で相次いでいるのがオンラインゲームの無断課金トラブルです。

 国民生活センターによりますと、子どものオンラインゲームに関する相談件数は、この6年で約2倍に膨れ上がっています。

 コロナ禍で在宅時間が増えたことが背景にあるといいます。
 
 相談の内訳を見ると、スマホを子どもに貸したところ、無断でゲームに課金したケースが…

 このほか、親のクレジットカードの番号を覚えた子どもが無断でスマホから約55万円をゲームに課金していたケースもありました。

中には合わせて100万円以上を使うケースも

中には合わせて100万円以上を使うケースも

 購入金額は膨大で、10万円から50万円未満の相談が半分を占め、中には合わせて100万円以上を使うケースもありました。

 高額の課金を未然に防ぐ方法はないのでしょうか。

 専門家は保護者の承認がないと課金などができない「ペアレンタルコントロール」の設定が重要だと話します。

 「ペアレンタルコントロール機能で課金は制限できる。iPhoneの場合はスクリーンタイム機能、アンドロイドだったらファミリーリンク機能で課金できないようにする。万一、(子どもに)使われた場合、早く気づけるように利用明細は毎月確認する」(成蹊大学客員教授 ITジャーナリスト 高橋暁子さん)


子どもが親に相談しやすい環境を作ることも大切

子どもが親に相談しやすい環境を作ることも大切

 また、子どもが親に相談しやすい環境を作ることも大切だといいます。

 「(ゲーム会社は)何が何でも課金させるような作りにしている。無料だから利用させてそのまま済むほど甘い話じゃない。課金したくなるようにできているらしいから、(課金)したくなったら相談してと言っておく。(高額課金に)ならないような環境を作って話し合うことが必要」(高橋さん)

 無断課金のトラブルを防ぐため、親子で話し合う機会を持ってみてはいかがでしょうか。