週間番組表

MENU CLOSE
検索

東日本大震災から13年 死者は1万5900人 いまだ2520人の行方が分からず 北海道でも函館市で男性1人が津波で死亡 献花台設置し犠牲者を悼む

社会 友だち追加

 東日本大震災の発生から3月11日で13年です。

 津波で1人が亡くなった北海道函館市では、献花台が設置され市民が犠牲者へ花を手向けています。

 函館市の「地域交流まちづくりセンター」では、震災発生の翌年から毎年3月11日に献花台を設置しています。

 震災による死者は1万5900人、いまだ2520人の行方が分かっておらず道内では、函館市で男性1人が津波で死亡しています。

 「あっという間ですね13年経ったのかなという気がしますけど、やっぱり忘れられないですね」(岩手県から移住した人)

 函館市の献花台では、地震発生の午後2時46分に黙祷が捧げられます。