週間番組表

MENU CLOSE
検索

北海道の米どころ 蘭越町で“地元の米”生かした日本酒酒蔵建設 2023年には風評被害が広がるも米の品質は負けずに高い評価

友だち追加

 北海道内の米どころ、後志の蘭越町で、地元特産の米を生かした新たな日本酒の酒蔵が建設されることが2月27日発表されました。

 「新たな日本酒オール蘭越で勝負がしたいと聞いて感銘を受けた」(蘭越町 金 秀行 町長)

 蘭越町の特産品の価値を高める新たな取り組み。

 町内に作られる新しい酒蔵は「森ノ醸造所」です。

 町内の田園地帯に2024年4月から建設され、2025年秋の開業を目指します。

 運営は山梨県で「七賢」ブランドの製造責任者を務めた北原亮庫さんです。

蘭越町の米を使った日本酒の酒蔵建設へ

蘭越町の米を使った日本酒の酒蔵建設へ

 「ここには蘭越米というすばらしいブランドがあるこの地域自体のブランドを高めることができる」(森ノ醸造所 北原 亮庫 さん)

 蘭越町は2023年6月、地熱調査の際に噴出した水蒸気の影響で、水質汚染などが問題となり、一時、風評被害が広がりました。

水質汚染などで一時風評被害も…

水質汚染などで一時風評被害も…

 しかし、2023年開催されたおいしい米を決めるコンテストでは蘭越の農家が優勝するなど、米の品質は高く評価されています。

おいしい米を決めるコンテストで高く評価

おいしい米を決めるコンテストで高く評価

 北原さんは蘭越産の食米「ななつぼし」を使用し、スパークリング日本酒一本で勝負します。

スパークリング日本酒で勝負

スパークリング日本酒で勝負

 「多くの方々の乾杯・祝いのシーンを蘭越米のスパークリング日本酒で彩りたい」(北原 さん)