週間番組表

MENU CLOSE
検索

漂着したクジラ 重機で回収・処分場で埋設 体長7メートル重さ推定6トンのミンククジラ 病死の可能性 北海道北斗市

社会 友だち追加

 2月18日、北海道北斗市の海岸に漂着したクジラの死がいが20日朝、重機によって回収されました。

 処分場に運ばれ埋設されたということです。

 このクジラは2月18日、北斗市七重浜の海岸で見つかったものです。

重機を使って回収

重機を使って回収

 腐敗が進んでいることから、海岸を管理する函館市が2月20日午前9時ごろから重機を使って回収する作業をはじめました。

 「ワイヤーでくくりつけられたクジラが重機で引っ張られ、運ばれていきます」(斉藤健太記者)

体長約7メートル重さ推定6トンのミンククジラ

体長約7メートル重さ推定6トンのミンククジラ

 クジラは体長約7メートル、重さは、推定6トンの「ミンククジラ」で、専門家によりますと病死の可能性があるということです。

 回収されたクジラは北斗市内の廃棄物処分場に運ばれ地中に埋められたということです。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル