週間番組表

MENU CLOSE
検索

周辺住民「びっくりしました」なぜ? 解体中の3階建てビル 突然の倒壊で作業員生き埋めに 下敷きになった48歳男性が死亡するなど計3人死傷 北海道江別市

事件・事故 友だち追加

 2月19日午前、北海道江別市で解体工事中のビルが倒壊し作業員の男性3人が巻き込まれる事故がありました。この事故で1人が死亡、2人がケガをしました。

 完全に崩れ落ちた建物。

 屋根や壁に使われていた木材などが大量に散乱する現場では、警察官や消防隊員が確認作業を行っています。

解体工事中のビルが倒壊

解体工事中のビルが倒壊

 「解体工事中のビルが倒壊した。作業員が生き埋めになっている」

 通報があったのは2月19日午前11時20分ごろ。

 JR江別駅から北西に300メートルほど離れた江別市5条6丁目で、解体中のビルが倒壊する事故がありました。

 「全然気づかなかった。警察などパトカーが来て、それで気づいた」「びっくりしましたけどね」(付近住民)

 「救出作業を行っています」(鎌田 祐輔 記者)

 消防によりますと、作業員の男性3人が巻き込まれ、このうち下敷きとなった48歳の男性が死亡しました。

作業員3人が巻き込まれ1人が死亡

作業員3人が巻き込まれ1人が死亡

 ほかの2人も病院に搬送されましたが命に別条はないということです。

 江別市では正午の気温が、8.7℃と4月下旬並みの暖かさになっていたほか、市の観測では午前9時の積雪が66センチとなっていました。

 警察によりますと当時作業は6人で行っていました。警察と消防が詳しい状況を調べています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル