週間番組表

MENU CLOSE
検索

「シャチ助けて!」「何とかならんのか」”シャチ流氷閉じ込め”の知床・羅臼町に全国から電話やメール100件以上寄せられる 中には海外からも

天気 友だち追加
流氷に閉じ込められたシャチ (提供:川端隆さん 2月6日 撮影)

流氷に閉じ込められたシャチ (提供:川端隆さん 2月6日 撮影)

北海道東部の羅臼町で2月6日からシャチが流氷に閉じ込められ、身動きできなくなっていましたが、7日にはその姿が見えなくなりました。

羅臼町などによりますと、シャチは子どもも含め全部で10頭以上確認されていましたが、7日は一部流氷が緩み、開けたような場所ができたことから、うまく脱出できたのではないかとの声もあがっています。

一方、羅臼町には、シャチ閉じ込めのニュースが報じられた6日以降、「シャチを助けてほしい」「なんとかならないのか」という電話やメールが100件以上寄せられているということです。

中には、日本人を介し海外からも「シャチを助けて欲しい」との声も寄せられたということです。

子どもをかばうかのように群れを作るシャチ(提供:川端隆さん 2月6日 撮影)

子どもをかばうかのように群れを作るシャチ(提供:川端隆さん 2月6日 撮影)

町では全国からの反応に戸惑いながらも、「やれることがあれば検討したいが、手出しはできない」と説明。理解を求めていましたが、7日になって、シャチが脱出できた可能性が出てきたことから、電話でも改めて説明しているということです。

羅臼町によりますと、シャチ救出をめぐっては一時、海上保安庁と協議する場面もありましたが、結局、砕氷船を使って水路を作っても、すぐに氷で埋まってしまうことから、野生動物のシャチをうまく誘導することはできないとの判断に至ったということです。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル