週間番組表

MENU CLOSE
検索

札幌市と小樽市を結ぶJRの大動脈 高波の影響で運転見合わせ続く…バス増便も大混雑 運転再開の見通し立たず

天気 友だち追加

 暴風雪による交通の乱れが長引いています。JR函館線のほしみと小樽間は、高波の影響で2日連続で終日運転見合わせとなりました。

 線路に打ち付ける白波。

 強い風による高波の影響で、札幌市と小樽市を結ぶJR函館線が寸断されています。

 設備の点検や復旧作業が進まず、25日に引き続き26日も終日運転見合わせとなったのは札幌市手稲区の「ほしみ駅」と小樽市の「小樽駅」の間です。

 知らずに駅に来た人も。

 「ない? ない!」(小樽駅に来た人)

都市間バスの利用客の列

都市間バスの利用客の列

 通勤時間帯の小樽駅前のバスターミナルでは、列車からバスに切り替える人などで大混雑となりました。

 「朝の通勤時間帯は5分から10分ほどでバスが来るのですが、100人以上の人が並んでいます」(小出 昌範 ディレクター)

 小樽市から札幌市に向かう都市間バスは、午前6時25分の始発から満席状態となりました。

 通勤時間帯を中心に午前中までに、小樽市と札幌市の間を運行する「北海道中央バス」は5本、「ジェイ・アール北海道バス」は4本を増便し乗客の輸送にあたりました。

 「普段はJRを利用している。状態はわかっていたのでバスで行こうと思っていた」(バスの利用客)

 「これから神奈川県に帰る。午後3時30分の飛行機なので、まだ6~7時間くらいある」(バスの利用客)

JR北海道 運輸部 山北 一郎 副部長

JR北海道 運輸部 山北 一郎 副部長

 今後の運転再開の見通しについてJR北海道は。

 「波が落ち着いたら今晩からでも点検を始めたい」(JR北海道 工務部 向井 明 副部長)

 「点検が終わった後に列車を試運転させる。27日の朝一番からの通常運行は、現時点では難しい」(JR北海道 運輸部 山北 一郎 副部長)

 波の高い状態は27日まで続く見込みで、具体的な運転再開の見通しは立っていないのが現状です。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル