週間番組表

MENU CLOSE
検索

「朝から2回雪かきした」札幌市で"ドカ雪" 交通機関は大混乱 市電に長蛇の列 JR北海道213本運休 空の便では欠航も

事件・事故 社会 友だち追加

 2024年一番のドカ雪に見舞われた札幌市。

 降り続く雪が通勤時間帯を直撃し、交通に大きな乱れが出ました

 北海道は、冬型の気圧配置が続いている影響で、1月15日から広い範囲で雪が降り、札幌市では今季一番のドカ雪となりました。

札幌市で

札幌市で"ドカ雪" 

 24時間で降った雪の量は札幌市中央区で29センチ、南区では北海道で最も多い43センチを観測しています。

 除雪が追い付かない札幌市の住宅街では救急車が入ることができず、患者をブルーシートで搬送する場面もありました。

救急搬送に影響も

救急搬送に影響も

 断続的に降り続く雪に市民からは悲鳴が。

 「夜7時くらいに1回やったんだけど、また朝」(札幌市民)

 「中央区でもあんなに降るのと!だから全然出かけられない」(札幌市民)

 「配達を頼んでも暗くなってから届く。午後6~7時になってしまう」(札幌市民)

 一方、このドカ雪を楽しんでいる人もいました。

雪遊びに大はしゃぎ

雪遊びに大はしゃぎ

 1歳の女の子は2024年初めての雪遊びに大はしゃぎ。

 「雪遊びもはじめてのわりに楽しんで、除雪はつらいけど子どものために山の滑り台を作って楽しめる」(札幌市民)

 札幌市は交通機関にも大きな影響が。

市電の停留所に長い行列

市電の停留所に長い行列

 札幌市は交通機関にも大きな影響が。

 午前8時ごろ、札幌市中央区の市電の停留所です。

 市電は除雪のため1月16日朝から間引き運転が行われ、停留所には長い行列ができました。

 「やっとのことで、ここにたどり着いた感じ。いつもより通勤時間がかかってますね」

 「朝は2回雪かきをしました。南区なので30cm以上降っていて、雪山でしたね」

 「家の前は除雪されていなかったので、大変でした。一緒に住んでいる人から早く出た方がいいと言われたので、10分くらい早く出たけどちょっと遅くなっちゃいました」

長距離バスの運休相次ぐ

長距離バスの運休相次ぐ

 さらにバス停では…。

 北海道と北海道中央バスでは札幌を発着する長距離バスの運休が相次ぎました。

JR北海道は運休が相次ぐ

JR北海道は運休が相次ぐ

 JRは札幌エリアで運転見合わせをせず、本数を減らす間引き運転を行いました。

 札幌発・稚内行きの特急列車のほか、快速エアポートなどあわせて213本が運休しています。

約180人が空港で一夜を明かした

約180人が空港で一夜を明かした

 一方、新千歳空港では1月15日から東京行きの便などが欠航し約180人が空港で一夜を明かしました。

 「欠航が決まったと言われ、路頭に迷ってしまった」