北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

痩せたクマが市街地に出没 例年なら冬眠している時期なのに…背景に極端な餌不足 このまま冬眠に入ると“餓死”も

事件・事故 社会 友だち追加

 雪の中を走り回るクマ。12月4日、北海道芦別市の市街地に現れたものです。体長1.2mほど、体重約70kgと痩せたメスのクマで2~3歳とみられています。

 襲いかかってくるそぶりを見せたため、危険と判断。事前の許可を得ていたため、駆除されました。この映像を見た専門家は。

襲いかかってくるそぶりも

 「この時期は冬眠直前なので、本来であれば体脂肪をつけて太っていないとまずいが、そうは感じなかった。たくさん食べないといけないが、十分にできていない。そのため人里に出てきてしまった可能性が高い」(北海道大学大学院 獣医学研究科 坪田 敏男 教授)

 例年だと11月下旬には冬眠に入ると言われているクマですが、2023年は異変が相次いでいます。

 木にクマが背中をこすりつけています。

12月1日撮影(提供:桜井憲二さん 吉田多麻希さん)

 自分の臭いをつける「背こすり」という行為です。12月1日、北海道知床の羅臼町で撮影された映像です。

 林の中を悠々と歩きまわるクマの映像も。12月3日に、やはり羅臼町で撮影されました。

 猟友会の桜井憲二さんによると、羅臼町内に設置した自動撮影カメラには異なる3頭のクマが映っていたといいます。

北海道大学大学院 坪田 教授

 この時期にクマが出没する背景は。

 「冬眠に入るタイミングが遅れていると思う。2023年は極端に餌が足りていないので、このままでは冬眠に入ると命の危険がある。ぎりぎりまで餌を探しているパターンが考えられる」(北海道大学大学院 坪田 教授)

 2023年9月には、同じ羅臼町でガリガリに痩せこけたクマが撮影されています。

 クマの餌となるドングリの不作や、サケ・マスの遡上が少なかったため、餌を十分に食べることができなかったとみられています。

羅臼町 2023年9月撮影(提供:齋藤一馬さん)

 「夏から秋にかけてクマの餌が不足していたのは間違いない。極端に食べられなくて体脂肪を蓄えられなかったクマは、冬眠中に死んでしまう可能性も」(北海道大学大学院 坪田 教授)

背景に極端な餌不足

 2023年はクマの冬眠に大きな異変が起きているようです。

#クマ #ヒグマ #北海道 #冬眠


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル