北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"秋の嵐"が北海道を直撃 土砂崩れや冠水被害相次ぐ…様似町では土砂崩れ 住宅まきこまれ1人ケガ 約400世帯に避難指示も

事件・事故 社会 友だち追加

 10月5日の北海道内は大気の状態が不安定で、各地で局地的な大雨や強風となっています。日高の様似町では土砂崩れが発生しケガ人が出ています。6日にかけて警戒が必要です。

 低気圧が急速に発達しながら北海道付近を通過する影響で、北海道内は大気の状態が非常に不安定になっています。

 5日午後4時までの24時間に降った雨の量は、浦河町で225ミリ、白老町で109.5ミリなど局地的な大雨となっています。

 日高の浦河町では一時間の降水量が75ミリと1978年以降で最も多い大雨を記録しました。

土砂崩れで家に被害

 隣町の様似町鵜苫の国道336号線付近では、午前8時30分ごろ道路管理の担当者から「土砂崩れで家に被害がある」などと消防に通報がありました。

 この土砂崩れで住民の80代の男性がケガをして病院に搬送されました。

冠水が広がる

 町内の河川もいたるところで水があふれ、冠水が広がっています。

 普段は、牧草地と畑が広がる一帯が濁流に飲み込まれ、道路は川のようになり牧草地には泥がたまっていました。

 消防によると、約10件の建物への浸水被害が起き、住民が排水作業におわれていました。

 「明日も雨だというので、また詰まって同じ作業の繰り返しになりそう」(住民)

 様似町では一時413世帯811人に避難指示が出されていましたが、午後3時30分に解除されました。

 1時間の降水量が34.5ミリを記録した釧路市でも道路が冠水し、通行止めが発生し、排水作業に追われていました。

泥水が館内に入る

 また温泉街の老舗旅館にも被害が…

 消防などによりますと、登別市の「第一滝本館」で午前7時ごろ泥水が館内に入り込み、建物1階や地下の一部が浸水。

 近くの斜面から流れ込んだとみられています。

 ケガ人はいませんでしたが、一部施設を臨時休業とし排水作業などに追われました。

 北海道内は6日朝にかけて、多いところで100ミリの雨が予想されていて、暴風や高波、土砂災害に警戒が必要です。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル