北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

札幌市南区の無人販売所で"毒キノコ"誤って販売…保健センターに購入者から申し出「食べなくてよかった」

事件・事故 社会 友だち追加

 9月20日札幌・南区の無人販売所で、毒キノコのテングタケが誤って販売された問題で、21日札幌市南区保健センターに購入者から申し出があり無事だったことがわかりました。

毒キノコのテングタケ

 茶色のカサに白っぽい斑点が付いたキノコ。これが誤って販売された、テングタケです。

 20日札幌・南区南沢の「野菜の無人販売所」で、毒キノコのテングタケと別の種類のキノコのあわせて2本が誤って販売されました。

 札幌市南保健センターによりますと、21日午前10時ごろ、60代の男性がキノコを1本持参しセンターの職員が調べたところ、テングタケと判明しました。

 2本のキノコを購入した男性は持ち帰ったキノコのうち1本はハタケシメジに似ていたとして…。

「家族と一緒に食べた」

 「家族と一緒に朝食で味噌汁にして食べた」

 今のところ、男性とその家族の健康状態に変化はないということです。

 男性にテングタケを食べなかった理由を尋ねると…。

「食べるのに躊躇した」

 「見たことがなかったので食べるのを躊躇したネットニュースを見て自分のことだと思った食べなくてよかった」

 誤って毒キノコを販売した野菜販売所は撤去されました。

 販売所を開いていた女性が、今年初めて生えたキノコ2本をあとで調べようと台の上に置いて草刈りをしていたところ、戻ってみると、キノコが無く200円が置かれていました。

 近くの住民は…。

周辺住民の声

 「トウモロコシだとかホウレン草だとか野菜だけ買ったことがる」(周辺住民)

 「キノコは見たことない。初めて」

 「気の毒だなというのが本心ですね」

 女性は今後、一切野菜の販売はしないと話しています。

最も一般的な毒キノコ

 テングタケは夏から秋にかけ庭や公園、山などどこにでも生える最も一般的な毒キノコです。

 「かさの頭にイボが付いている。イボのあるのがテングタケに多い(根元に)卵の殻が残っている感じ。団子状になっているので注意しなければならない」(札幌キノコの会 土生 茂一 事務局長)

 「この問題への受け止めは?」(八木 隆太郎 キャスター)

「よくわからないキノコは食べない」

 「市内でもたびたび毒キノコを食用キノコと間違えた事による食中毒が発生している。 よくわからないキノコは自ら取らない食べない、人にあげない」(秋元 克広札幌市長)

 札幌市は食用と確実に判断できないキノコには注意するよう呼びかけています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル