北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

釧路名物 ”炉端焼き” 発祥の店が復活! 火事で全焼から1年1か月「おばあちゃんのチカラに…」孫の思いで再建へ

社会 コラム・特集 友だち追加

 釧路名物「炉端焼き」の発祥と言われ、2022年8月火事で全焼したお店が、9月13日、1年1か月ぶりに営業を再開しました。

 いろりでじっくりと焼かれる魚や野菜。

 客が周りを囲み、食事や会話を楽しんでいます。

 釧路で70年以上続く老舗「炉ばた」。

 観光客や地元客が集う人気店です。

釧路名物「炉端焼き」

 「再開してやっぱりうれしいですね。おいしいということで有名だから予約してきました」(訪れた客)

 しかし、2022年8月、店はある危機に追い込まれました。

 「あちらに見える飲食店の2階部分から煙が大量に出ています」(田中うた乃記者)

 隣の飲食店から出火して店が火事に。建物はほぼ全焼し休業に追い込まれました。


2022年8月建物が全焼し休業に追い込まれた

 20年間、焼き手を務め「炉ばたのおばあちゃん」の愛称で親しまれてきた中島静子(87)さんは、廃業を考えたといいます。

 「全部何もなくなってしまったので。店はやれるものと思ってませんでした」(炉ばた 中島 静子さん)

 70年以上続いた炉ばたの歴史に幕を下ろすのか…。

 そこで立ち上がったのが静子さんの孫の実亜(31)さんでした。

 小さい頃から炉ばたで過ごすことが多く、実亜さんにとっても、思い出が詰まった店でした。

静子さんの孫の実亜さん 再建を決意

 大学卒業後は別の仕事をしていましたが、落ち込んでいる祖母の姿を見て店の再建を決意しました。

 「静子さんがずっと携わってきたこの大切なお店が無くなったとき、(祖母は)落ち込んで涙を流していた。大切な釧路の炉端焼き食文化をこれからも続けたい」(炉ばた 女将 中島 実亜さん)

 実亜さんは建物の改修に向け3月、クラウドファンディングで支援を呼びかけました。

 1カ月半で500人以上から860万円の寄付金が集まり、改修工事が進められました。

クラウドファンディングで860万円の寄付金を集めた

 「きょうからもまたがんばろうね」(炉ばた 中島実亜さん)

 そして9月13日午後5時。

 「いらっしゃいませ~」

 1年1か月ぶりに営業を再開しました。店には再開を待ちわびていた客が次々と訪れます。

 火事があっても無事だったいろりの前には静子さんが座り、絶妙な火加減で焼いていきます。

「おばあちゃんの力に」

「(久しぶりにお客さんを前にしてどうですか?)いい気分です」(炉ばた 中島 静子さん)

 再び灯った炉ばたのあかり。世代を超えた二人の奮闘は続きます。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル