北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「ただ駆除するのは申し訳ない」最凶ヒグマOSO18が "味噌煮込み" に…北海道の飲食店で提供される 恐る恐る食べた客は

社会 友だち追加

 北海道東部の標茶町などでウシ66頭を襲い、7月末に捕獲されたヒグマOSO18。その後、肉に加工され、8月24日、釧路市の飲食店で希望者に提供されました。

ウシ66頭を襲ったヒグマOSO18(6月25日 提供 標茶町)

 4年にわたり標茶町や厚岸町の牧場で66頭のウシを襲い酪農家を恐怖と不安に陥れてきたOSO18。

 警戒心が強く人前に姿を現さないことから「忍者グマ」とも呼ばれてきましたが、7月30日に釧路町で仕留められたクマが、その後のDNA鑑定でOSO18であったことがわかりました。

忍者グマとも言われた(2019年)

 馬木葉 松野 穣 社長:「普通のクマ。ちょっと大きいかなという感じ。毛は薄かった」

 当時、クマ肉として加工した会社の松野社長によりますと、OSOは痩せていて高齢に見えたということです。

OSOの味噌煮込みが提供された釧路市内の飲食店

 馬木葉 松野 穣 社長:「ウシを襲って食べていたから、脂ものって500キロくらいあるというイメージだったが、あんな痩せたクマで。これがOSOかという感じ」

 田中 うた乃 記者:「こちらの店でOSOの肉が提供されています」

小鉢に盛られた"味噌煮込み"

 OSOの肉は8月24日、釧路市の飲食店で「味噌煮込み」として提供されました。訪れた客は恐る恐る味わいながらもその味に驚いていました。

 客:「歯ごたえ最高。こりこり」

 客:「びっくりした、なぜここにきたのかと思いました」

「撃って駆除するだけでは申し訳なく思う」と語る松野社長

 OSO18の肉は釧路市の飲食店のほか、東京のジビエ料理店や通販会社が仕入れたということです。

 馬木葉 松野 穣 社長:「有効利用するというのが一番良いと思う。撃って駆除するだけでは申し訳なく思う。最後まで看取ってあげようという気持ちでやっています」


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル