週間番組表

MENU CLOSE
検索

高速道路で背を向け横たわる"ヒグマの死骸" そばには子グマ…2時間通行止め 前日に「車のバンパーへこむ接触事故」

事件・事故 社会 友だち追加
高速道路で発見されたクマの死骸(提供 ネクスコ東日本北海道支社)

高速道路で発見されたクマの死骸(提供 ネクスコ東日本北海道支社)

 北海道の道央自動車で7月12日、ヒグマの死骸が見つかり、2時間にわたり一部区間が通行止めになりました。

 死骸が見つかったのは北海道南部、八雲町の落部IC~八雲IC間。午前5時ごろ「動物の死骸がある」と警察に通報があり、ネクスコ東日本の職員が死骸を見つけ、同区間は通行止めとなりました。

 ネクスコ東日本によりますと、死骸のそばに子グマがいましたが、すぐに立ち去りました。

 死骸は回収され、通行止めは午前8時に解除されました。

 付近では11日、親子のクマ2頭が目撃されていて、親グマは乗用車との接触事故も起こしています。運転手にケガはなく、車もパンバーがへこむ程度で、クマは直後にその場を離れていました。