週間番組表

MENU CLOSE
検索

人気観光スポット「青い池」で "入場税" 徴収を検討…人口の『250倍以上』観光客が訪れる北海道の美瑛町 オーバーツーリズム対策の切り札に

友だち追加

 上川の美瑛町にある人気観光スポット「青い池」。

 町は訪れた人から徴収する「入場税」の導入を検討しています。

 背景に何があるのでしょうか。

 様々な表情を見せてくれる美瑛町の観光スポット青い池。

観光スポット 「青い池」

観光スポット 「青い池」

 この北海道屈指の人気観光スポットを訪れる人から「入場税」を徴収する案が検討されています。

 「入場税は良いのでは。それぐらいの価値はある」(宮城からの観光客)

 「環境を守るためなら税でも入場料でもいい」(神奈川からの観光客)

 背景にあるのがいわゆる「オーバーツーリズム」の問題。

 美瑛町を訪れる観光客は年間約238万人。町の人口の"250倍以上"で、観光のための施設維持や町道を管理する費用などがかさんでいました。

オーバーツーリズムが問題

オーバーツーリズムが問題

 「観光客にもある程度、負担をいただき、それを財源に観光振興にかかる事業を行ったほうが良い」(美瑛町の担当者)

 町が検討している入場税は、このオーバーツーリズム対策の財源に充てられます。

 町は導入時期なども含めて検討していく考えで、導入する場合は条例化するとしています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル