週間番組表

MENU CLOSE
検索

「時間が経ってて大丈夫だと…」 消火栓にぶつかった車の目撃通報→フロント部分が破損した軽乗用車発見し運転手の男(58)から酒の臭い→基準値の2.5倍超のアルコール検出で逮捕するも男は容疑否認 札幌市

事件・事故 友だち追加
酒気帯び運転で男を逮捕した北海道警北署(札幌市)

酒気帯び運転で男を逮捕した北海道警北署(札幌市)

 札幌市北区で7月7日朝、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した石狩市の会社員の男(58)が道交法違反の現行犯で逮捕されました。

 男は7日午前6時すぎ、札幌市北区で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転しました。

 「消火栓に車がぶつかってそのまま立ち去りそうだ」と目撃者からの通報を受け、警察が現場へ向かっていたところ、現場から約1キロ離れた場所でフロント部分が破損した軽乗用車が走っているのを発見しました。

 警察が軽乗用車を止めて運転していた男を職務質問したところ酒の臭いがしたため、男の呼気を検査し基準値の2.5倍を超えるアルコールが検出されました。

 男はその場で逮捕されました。

 男は「時間が経ってて大丈夫だと思った」などと話し、容疑を否認しています。

 警察は男が酒を飲んだ経緯や事故との関連を調べています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル