週間番組表

MENU CLOSE
検索

「迷ってません!夢中になって山菜をとっていただけ」山菜採りの89歳男性 家族の通報でヘリコプター出動 “5時間後” に救助されるも…遭難を否定 カゴいっぱいにワラビ持ち

事件・事故 社会 友だち追加

 山菜採りのために入山した89歳の男性が、家族の通報で捜索した警察により約5時間後に救助されました。

 男性は「迷ってはいません」などと話しているということです。

 北海道登別市の89歳の男性は6月12日正午ごろ、80代の妻と50代の息子とともに黒松内町の山林に山菜採りのため入山しました。

 妻と息子は男性を残し車に戻りましたが、男性が戻ってこなかったことから約3時間後の午後3時ごろに「戻ってこないので迷っていると思う。探してください」などと警察に通報しました。

 警察や消防が捜索したところ、入山から約5時間後の午後5時ごろ、警察のヘリコプターが男性を発見し無事救助しました。

 男性は捜索にあたった警察官らに対し、「迷ってはいません。車も近くにあるし夢中になって山菜をとっていただけです」などと話したということです。

 男性は、カゴいっぱいのワラビを持っていましたが、クマよけの鈴や笛のほか、食料や水、携帯電話は持っていませんでした。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル