週間番組表

MENU CLOSE
検索

スコールも再現!“オランウータン”の新施設 札幌市円山動物園に5月21日オープン 生息地・ボルネオ島の森を再現 生息環境に入り込んだように観覧可能

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 待望の施設がまもなくオープンです。

 札幌市円山動物園で5月14日、オランウータンの新たな展示施設が報道陣に公開されました。

 円山動物園内に5月21日にオープンする「オランウータンとボルネオの森」。

 1977年に完成した類人猿館の老朽化に伴い、約13億円をかけて建てられた新施設です。

 その特徴は…

観覧される方と動物の距離が近い

観覧される方と動物の距離が近い

 「観覧される方と動物の距離が近いので、オランウータンの生息環境にお客様が入り込んだように観覧できる」(札幌市円山動物園 獣医師 林紘太郎さん)

 新たな施設で飼育されるのはメスのレンボー、オスの令斗(レイト)、そして釧路市動物園に預けられていたオスの弟路郎(テイジロウ)も加わる予定です。

 施設内もオランウータンの生息地・ボルネオ島の森を再現し、過ごしやすい環境づくりが施されています。

館内はジャングルのよう

館内はジャングルのよう

 「すごい!植物がたくさん生えていますよ。館内の奥も太陽の光がさして本当にジャングルに来たみたい。館内ちょっと蒸し暑いですよね?」(糸口真子フィールドキャスター)

 「熱帯雨林を再現して植物にもちょうど良い環境ということで、湿度が80%以上を維持するようにやっています」(札幌市円山動物園 獣医師 林さん)

 館内の植物は、実際にボルネオに生息しているものを選び、レプリカも、ラフレシアやコウモリなどボルネオ島の森を再現しています。

高さは3m→8mに

高さは3m→8mに

 こちらが実際にオランウータンがいる展示ブースです。

 「以前は高さ3メートルだったのが、いま8メートル。ガラスの部分はいかに距離を近く安全に見られるか、さらに上の部分はワイヤーメッシュという金属の網で、観覧側と境目を感じないようにしている」(札幌市円山動物園 獣医師 林さん)
 
 「(Q:上にある丸いものは?)休んだり昼寝をしたりするベッド。野生でも高い木の上で枝や葉っぱを用意してベッドを作る。全部で3部屋。部屋ごとに飼育して数時間おきに移動する」(林さん)


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル