週間番組表

MENU CLOSE
検索

新幹線とともに描いたまちづくり“曲がり角”に…「できれば早く作ってもらいたい」“札幌延伸の延期”利用者から嘆く声 再開発に影響も?

社会 道内経済 友だち追加

 「(新幹線の札幌延伸の延期が)1年、2年ならしょうがないが、5年も10年も先になったら、ちょっとひどいね」

 「(バス乗り場がバラバラのままだと)不自由ですよね。冬以外は良いが、冬は駅からすぐの方が良い」

 「(新幹線と接続するバスターミナルができれば)観光客の利便性が高くなるので、できれば早く作ってもらいたい」(いずれもバスの利用者)

 2023年9月末にJR札幌駅直結のバスターミナルが閉鎖。バス乗り場は駅前の18か所に分散しました。

 札幌延伸の延期を受けて不便な状況が続く可能性があり、利用者から嘆く声が聞かれました。

2023年8月に45年の歴史に幕を下ろしたエスタ

2023年8月に45年の歴史に幕を下ろしたエスタ

 「ありがとう」(市民)

 2023年8月に45年の歴史に幕を下ろした商業施設「エスタ」。その跡地にはJRタワーを超える245メートルの超高層ビルが完成し、新しいバスターミナルもできる見通しです。

 今回の判断は再開発に影響を与えるのでしょうか。

 「再開発ビルの開業は2030年度の見通し。札幌延伸の延期の影響で建設工事のスケジュールを遅らせることはない」(再開発組合 関係者)


「工事の遅れはない」と強調

「工事の遅れはない」と強調

 工事の遅れはないと強調した関係者。一方で早期に「開業の見通し」が示されることが重要だと説明します。

 「新幹線直結という大きなメリットが再開発の柱なので、無理にとは言えないが、そう遠くないうちに、見通しは示してほしい」(再開発組合 関係者)

 札幌延伸による収入増を経営改善の柱にする考えのJR北海道は…

JR北海道綿貫社長は…

JR北海道綿貫社長は…

 「札幌駅周辺の再開発事業を新幹線のスケジュールによらず、着実に進めるとともに、札幌延伸を機に経営\自立を目指す方針」(JR北海道 綿貫泰之社長)

 社長がコメントを出しました。

 まちづくりに詳しい専門家は、いち早く具体的な開業時期が示される必要があると指摘します。

 「仮に(開業の)時期が定められてないとすると、バブルという膨らんだ(新幹線への)夢がいっぺんにしぼんでしまう。一種の新幹線バブル崩壊的な状況が訪れるかもしれない」(インフォメーション・システム キャビン 志田真郷社長)

 新幹線とともに描いたまちづくりは、いま大きな曲がり角に差し掛かっています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル