週間番組表

MENU CLOSE
検索

朝のJR札幌駅“直撃” 86本運休 原因は「鉄片」"列車がいないのに線路上にいる?" 2時間後に復旧 苗穂駅の設備に不具合で通勤・通学に影響 北海道

事件・事故 社会 友だち追加

 2月21日朝、JR苗穂駅構内で列車の装置に異常が見つかったためJR北海道の列車の運休や遅れが相次ぎ、通勤、通学に影響が出ました。

 21日午前7時15分ごろ、JR苗穂駅構内で列車の位置を検知する「軌道回路」に不具合が発生し、列車がいないのに線路上にいるような状態が発生しました。

 この影響により午後1時までに特急2本や快速エアポート33本、普通列車51本の計86本が運休したほか、遅れが出ました。

 点検の結果、レールの絶縁部分に鉄片がついていた事が原因と判明、約2時間後の午前9時すぎに復旧しましたが通勤、通学時間の時間帯と重なり多くの乗客に影響がでました。