週間番組表

MENU CLOSE
検索

“ウニ漁”が復活の兆し 2年前の「赤潮」被害から回復…人気の海鮮丼も 札幌のスーパーでは1パック980円とお買い得

事件・事故 友だち追加

 熱々のご飯にたっぷりと乗ったウニとイクラ。

 とろけるような濃厚な味わいが人気です。

 北海道釧路市の「和商市場」にある海鮮丼が人気の「露風庵」では、2023年はウニが多く入ってきているといいます。

“ウニ漁”が復活の兆し

“ウニ漁”が復活の兆し

 「うれしい限り。以前と比べ値段が安くなっている。漁が回復し、客に喜んでもらえるものを出せるのはありがたい」(露風庵 横田 國勝さん)

 北海道東部の厚岸町では12月1日からウニ漁が始まり、12月12日は約800キロを水揚げしました。

 状態も良く、2023年の漁獲量はすでに3トンほどに上っています。

2年前の「赤潮」被害から回復

2年前の「赤潮」被害から回復

 「食べる餌がいっぱいあるので身入りは良い。赤潮後に放流した稚ウニも順調に育っている」(ウニ漁師 横田 秀敏さん)

 2021年、北海道東部沿岸を襲った赤潮。

 厚岸町のウニ漁も大きな打撃を受けました。

 海底のウニの8割が死に、被害額は厚岸町だけで約10億円にのぼりました。

赤潮で大きな打撃を受けたウニ漁

赤潮で大きな打撃を受けたウニ漁

 「死んでいくウニは、とげがなくなっている。海域によっては全滅の場所もある。4~5年で回復できないのなら、自分の代で船を動かせるかどうか」(ウニ漁師 横田さん)

 厚岸町では稚ウニと呼ばれる小さなウニを放流して育て、4年後に水揚げする「地まき方式」をとってます。

 成長中の稚ウニも赤潮の被害にあったため、国の補助を受けながら稚ウニの放流を続けていました。

 あれから2年。

 水揚げ量は赤潮前に及ばないものの、生き残ったウニや新たに放流したものは順調に成長しているといいます。

稚ウニの放流で順調に成長

稚ウニの放流で順調に成長

 「大変だった、赤潮から2年。当時は商売にならないと思っていたけれど、良い方向に向かっているという感じ。2023年は10~15トンを目標に水揚げしたいと思っている」(ウニ漁師 横田さん)

 久しぶりの明るい話題。年末を迎え札幌市では、ウニの値段はどうなっているのでしょうか?

 札幌市手稲区のスーパー「キテネ食品館」ではロシア産のウニが値下げされて、1パック税別980円で売られていました。