週間番組表

MENU CLOSE
検索

鈴木知事も舌鼓「うまみがカレーに反映されている」 北海道噴火湾産大きな“ホタテ入りカレー”登場 消費拡大狙い地元大手コンビニ出来立て約830店舗で販売

友だち追加

 ホタテの消費を拡大しようと、北海道内コンビニエンスストア大手のセイコーマートが、店舗で調理する“ホットシェフ”で北海道産ホタテを使ったカレーの販売を始めました。

 鈴木直道 北海道知事も試食しました。

 北海道は北海道産水産物の消費を促進するキャンペーン「食べて応援!北海道」を展開しています。

 今回はコンビニを展開するセコマがその趣旨に賛同し、北海道産のホタテを使ったカレーを商品化しました。

 12月7日に行われたPRイベントで鈴木知事が試食しました。

 「いただきます。ホタテのうまみがカレーに反映されている」(鈴木直道 北海道知事)

 カレーには、北海道南西部の噴火湾で採れたホタテが3つ入っています。

 セコマはホットシェフを展開する北海道内のセイコーマート約830店舗で、12月5日から販売を始めています。