週間番組表

MENU CLOSE
検索

「クマは5年、10年の経験を積まないと」”一人前のハンター”への道…“クマやシカ被害”相次ぐ北海道 5年目の若手ハンター「経験積む」日々に密着

社会 友だち追加

 北海道ではクマやシカによる人身事故や農作物への被害が相次いでいます。対応するハンターはピーク時に比べ4分の1ほどにまで減少していますが、狩猟免許の受験者数は増加傾向にあります。

 ただ、狩猟免許は取得しても一人前のハンターになるのは、簡単な道のりではありません。

 実際にシカ猟に携わるのはどれだけ難しいのか。33歳の若手ハンターに密着しました。

 「スーパーでシカ肉を買おうと思った時にあまりにも高すぎて、自分でとったほうがたくさん食べられるんじゃないかと思って」(ハンター歴5年 道上 綾子さん)

ハンター歴5年の道上さん

ハンター歴5年の道上さん

 2023年でハンター歴5年の道上綾子さんです。

 道上さんは農業被害の対策として発足した、「ボランティア駆除隊」に2023年4月から所属しました。

 「2023年の7月の狩猟免許試験で(わな設置の資格を)取れました。許可が出たので、秋ごろから『わな』の仕掛けできると思う」

 いずれは、札幌市ヒグマ防除隊に入りたいという道上さん。

 猟友会札幌支部の奥田支部長は、駆除活動をするためハンターに必要なものは経験だと話します。

 「クマは5年、10年の経験を積んでスキルアップしないと担えない。クマに向かって3発撃って全部体に入っていても向かってきます」(北海道猟友会札幌支部 奥田 邦博 支部長)

ハンター以外にもカメラマンの顔を持つ

ハンター以外にもカメラマンの顔を持つ

 2023年9月、エスコンフィールド北海道のスタンド席にはカメラを構える道上さんの姿が。

 Q:何を撮影されたんですか?

 「今はファイターズの選手の練習を撮影しています。試合状況によって変わりますが、だいたい午後10時くらいに終わる」(道上さん)

 ハンター以外にもカメラマンの顔を持つ道上さん。

 夜遅くに仕事が終わるなど、生活も不規則になりがちです。

 それでも早朝から駆除隊の活動に出動しています。

 「午前5時14分です。きょうは…午前3時50分起きです。眠いです」(道上さん)